古美術・古民芸品21

 古美術品は一期一会、出会いを大切に、あくまでも自分の目で判断し、

 自分の感性にあったものを求めるが一番です。時代の判定は個人差が

 大きいので各自で判断してください。当店は掛け値なしの正価販売をモ

 ットーとしており、値引きはできませんので、その旨ご了承ください。

E-4 李朝白掛茶碗 仕覆 箱      45000円

   李朝と思われる茶碗で、大徳寺511世立花大亀和尚(1899〜2005)

   の箱書きがあり、白掛茶碗とあります。層雲という銘も付けられ

   ています。口に小さな金直しがありますが、井戸型の形をした釉

   調の美しい茶碗で、使いやすいので一服の普段使いにいかがでし

   ょうか。

         大きさ:高さ 約5.9cm  径 約14.6cm 高台 約5.8cm

 

  

A-297 香月泰男の「月と鷹」油彩画    非売品

   香月泰男の「月と鷹」と題する油彩画です。香月の有名な

    シベリアシリーズと同様な独特のマチエールで描かれてい

    ます。香月は1943年に召集され満洲に出征しましたが、兵

    舎に飛び込んできたハヤブサを一時飼っていました。この 

    ハヤブサを鷹に置き換えて、香月は鷹を何点か描いたこと

    が知られています。この絵の鷹はシベリアシリーズに描か

    れている鷹とよく似ていますが、有名画家の未鑑定品なの

    で、非売品としました。京都旧家からの蔵出し作品とのこ

    と、もし真作なら新発見か?

               サイズ:キャンパスF4号:約33.3×24.2センチ

                        額サイズ:約46.3×37.2センチ


A-298 木彫りの日光菩薩、月光菩薩像セット 5万円

   円空仏を思わせる木彫りの日光菩薩と月光菩薩のセットです。

    癒しの仏像で飾って楽しめます。真贋は分かりませんが、木は

    よく乾燥しています。

              大きさ:日光菩薩が約48センチ

                  月光菩薩が約45センチ


A-299 尾崎紅葉の毛筆書簡幅   箱  10万円

   文豪・尾崎紅葉(1868〜1903)が1902年に篠崎霞山

    (1862〜1916)に出した毛筆の書簡です。紅葉は帝

    国大学文科大学中退、山田美妙らと硯友社を設立。

    幸田露伴と並び称され、泉鏡花、田山花袋、小栗風

    葉、徳田秋声など優れた門下生を育てた。霞山には

    『霞山集』という句集が1932年に私家版で出されて

    います。本紙に少しシミが出ていますが、まだ十分

    に楽しめる品です。この手紙は『紅葉全集第12 巻』

    (岩波書店)に掲載されています。

            大きさ 全体 約109×66センチ

                本紙 約18×63センチ


A-300 鬼萩茶碗  箱        42000円

   よく使い込まれた豪快な鬼萩茶碗です。釉切れでできた

    火間が逆に良い景色になっています。内側についた茶渋

    をみれば、この茶碗がいかに長く愛用されたものかが推

    測されます。すでに良い味が出ていますが、使うほどに

    さらに愛着のわく茶碗になること請け合いです。四方桟

    の桐箱がついています。

           大きさ:口径 約12・5〜13cm 高さ 約9cm 


A-301 優品 廣瀬義之の釉彩色絵木蓮文扁壺 共箱

               特別価格  15万円

   著名な人気色絵作家・廣瀬義之(1954〜 )の素晴らしい絵付

    けの釉彩色絵木蓮文扁壺です。廣瀬義之は東京芸術大学大学院

    卒、人間国宝で東京芸大教授であった藤本能道(1919〜92)に

    師事し、色絵を学ぶ。日本工芸会正会員の実力派陶芸家です。

    世に陶芸家は沢山いますが、本当に絵が上手な陶芸家は意外と

    少ないのが現状です。この壺は十分な大きさもあり、床の間や

    応接間に飾れば圧倒的な存在感を示します。また旅館のロビー

    に飾っても引き立ちます。

                    【寸法】    直径約25.5cm   口径約11cm  高さ約32cm


次へ

ホームページに戻る