古美術・古民芸品20

 古美術品は一期一会、出会いを大切に、あくまでも自分の目で判断し、

 自分の感性にあったものを求めるが一番です。時代の判定は個人差が

 大きいので各自で判断してください。当店は掛け値なしの正価販売をモ

 ットーとしており、値引きはできませんので、その旨ご了承ください。

Q-3 稀品 華南三彩・花唐草文五耳壺 合わせ箱 25万円

   このような花と葉を貼り付けて表わした花唐草模様の壺は、中国

  南部の福建省あたりで焼かれ、17世紀初めころに日本に将来しま

  した。中国では「素三彩」、日本では「交趾焼」といわれ、現在

  では「華南三彩」と呼ばれています。唐津ではこの「華南三彩」

  壺などの模倣が行なわれました。以前、根津美術館で開かれた

  「知られざる唐津」展では、唐津で作られた二彩唐津の壺などが

  展示されました。その図録には、参考品として二彩唐津の本歌で

  ある、本品と同様の壺で大変状態の良い作品が掲載されています。

  本品は、ごらんの通りのよく使いこまれた圧倒されるような迫力

  のある壺です。長い年月にわたって使われたために、口に何カ所

  か傷があり、緑と黄色の釉薬がすれて地肌が現われていますが、

  使用されて自然に変化してきた使用美が確かに感じられます。あ

  る意味で育てられた使用美が感じられる作品を観賞することこそ、

  古美術品観賞の醍醐味と言えます。根津美術館で開かれた「知ら

  れざる唐津」展の図録をお付けします。図録をみれば、模倣品で

  ある二彩唐津壺より、やはり本歌である華南三彩壺の方がはるか

  に優れていることがわかります。床の間に飾っても存在感を主張

  し映えます。

         大きさ口外径11cm 胴径24cm 高26cm

  

   

   

   

    

   

   

 

A-292 金銅菩薩坐像 特別価格 4万円

    銅製鍍金の菩薩坐像です。作りも良く、

    この種の金銅仏として大きい方で、長く

    手元に置いて楽しめる仏像です。時代は

    わかりませんが、ところどころに鍍金も

    残っています。箱がないので安価にての

    提供です。

        大きさ:約34.5センチ

        重量:2.2kg以上


A-293 北海道大学の父・佐藤昌介の書簡3通     4万円

  北海道大学の父と呼ばれる佐藤昌介の毛筆書簡3通です。宛先はいずれも

   岐阜高等農林学校教授、鳥取農林専門学校校長を務めた岡村精次です。

   佐藤昌介は札幌農学校の第1期生で東北帝国大学農科大学学長、北海道帝

   国大学初代総長を務めた。封筒付きです。


 

A-295 額装・1332年の新古今和歌集古筆切 2万円

  南北朝時代(1332年)の貴重な『新古今和歌集』の古筆切で

   す。松平不昧の正室で仙台藩6代藩主・伊達宗村の娘方子

  (よりこ)旧蔵、松平不昧の娘・幾千姫(きちひめ)(玉映)

   旧蔵、緒方洪庵旧蔵、最終旧蔵者は長崎で蘭学を学んだ仙台

   藩医・木村寿禎(1774〜1834)です。

   この古筆切には緒方洪庵の適々斎の落款と玉映の落款が押し

   てあります。この古筆の巻末には参考写真に示されているよ

   うに、方子の落款と号・清楽の落款が押され玉映の花押が書

   かれてています。なおこの切はアメリカで展示されたもので、

   コロンビア大学で撮影されたMRIによる断層写真と原文の読み

   ・現代語訳が付属します。

              本紙の大きさ:15.8×24.0センチ

              額縁の大きさ:24.8×32.7センチ

  

  

  

         参考写真

 

       額裏の説明

A-296 古備前耳付き茶入  古箱   6万円

   たいへん味の良い古備前の耳付き茶入です。形も面白く

    釉調、発色も申し分ありません。時代も江戸時代はあり

    そうです。使い慣れの美が好ましく、見どころの多い店

    主おすすめの佳品です。底に何か書いてありますが、読

    めません。箱の紐が一部傷んでいます。

           大きさ:高さ 約8.3cm  径 約7.2cm 

次へ

ホームページに戻る