古美術・古民芸13

 古美術品は一期一会、出会いを大切に、あくまでも自分の目で判断し、

 自分の感性にあったものを求めるが一番です。時代の判定は個人差が

 大きいので各自で判断してください。当店は掛け値なしの正価販売をモ

 ットーとしており、値引きはできませんので、その旨ご了承ください。


A−235 大名品 伊勢蒔絵硯箱 硯、水滴 仕覆 二重箱 特価 300万円

          西行法師が伊勢内宮に奉納した『御裳濯河(みもすそがわ)歌合』(藤原俊成判)

        の中の有名な歌「流れ絶えぬ波には世をば納むらん神風すずし御裳すその岸」を絵

        にした、貴重な室町時代蘆手の蒔絵硯箱である。蓋裏の絵の中に西行の歌の文句

        の一部「世をハ」「納らん」「すすし」「御裳乃」がちらし文字で隠されている。

          このような工芸品の意匠のなかに歌を隠す蘆手手法の歌絵は、室町時代に大い

        に流行した。昭和53年に京都国立博物館で開かれた特別展「日本の意匠−工芸に

        みる古典文学の世界−」展は、そんな作品の優品を集めた展覧会であった。本品は

        その展覧会でも展示された「男山蒔絵硯箱」(室町時代・重要文化財・東京国立博物

        館蔵)と同時代・同工房作品と推察され、重要文化財級・美術館級の大名品であると

        思われる。

          美術展図録『日本の意匠−工芸にみる古典文学の世界−』を見ても分かるように、

        室町時代の歌絵の蒔絵硯箱には、「男山蒔絵硯箱」だけでなく、いくつも重要文化財

        に指定されている作品がある。本硯箱が重要文化財級の逸品であると推察する根拠

        は、男山蒔絵硯箱と比較することによって、これが明らかに同時代・同工房作品の作

        品であると思われるからである。「男山蒔絵硯箱」についてはインターネット(検索;男

        山蒔絵硯箱−e国宝)の写真(拡大写真付き)で詳細に見ることができる。「男山蒔絵

        硯箱」は蓋の表が歌絵になっており「男山」などの隠し文字がちらされていて、教養の

        ある人には誰の歌を絵にしたものか分かる仕組みになっている。男山とは京都府八

        幡市の名所・石清水八幡宮のある八幡山のことで、蓋裏には石清水八幡宮が描かれ

        ている。前を流れている川は木津川であろう。

          一方、本硯箱の表に描かれているのは伊勢神宮で、正面には大鏡(八咫の鏡)が

        置かれている。蓋裏に描かれている川は御裳濯河、すなわち五十鈴川である。伊勢

        神宮をお参りする者はここで手を洗ったり口を漱いだりした。本硯箱と男山蒔絵硯箱

        を詳細に比べてみると、川の描き方、狐の描き方、蔦の絡まった垣根の描き方はそっ

        くりであり、神社の描き方にも類似点がはっきりと見て取れる。なお本品の蓋表は、余

        白を十分に生かした絵柄が構図的にも大変すばらしく、最大の魅力となっている。写

        真からも十分感じ取れるように、今出来でない時代を経た落ち着いた蒔絵の魅力を十

        分に備えた作品であり、保存状態も申し分ない。是非、男山蒔絵硯箱および同時代の

        蒔絵硯箱と比較してみていただきたい。重要文化財に指定されるような漆器は、日本

        を代表する伝統工芸品として非常に高い価値(どれも1千万円を優に超える)を有する

        が、本品もそれに準ずる作品と推察できるので美術館・博物館向き、個人なら美術に

        造詣が深く長く家宝として次世代に文化財を伝えていける財界人・富豪向きの作品と

        いえよう。

          なお恐れ入りますが、古美術品として現在の状態を保持するため、本品に限り購入

        希望者以外の拝見の申し出はご遠慮ください。

                                大きさ:約23センチ×約24センチ×約4.5センチ

        参照 男山蒔絵硯箱(写真が拡大できるようになっているので、詳細な画面が見られます)

 

A−236 白釉水注     箱なし  11000円

       時代は分かりませんが形が面白い花文陰刻の白釉

        水注です。肌はすべすべして細かな貫入があり、なか

        なか感じの良い品です。手ごろな大きさで飾って楽し

        めます。埋葬・発掘品でしょうか? 口に小さなカケが

        あります。箱がないので安価での提供です。

          大きさ; 高さ:21.6センチ、最大幅:17.7センチ


A−239 額入り竹簡  箱    特別価格     80000円

    竹簡は東洋において紙の発明・普及以前に書写の材料として使われた竹の札で、

     遺跡等から出土し歴史・文字などの貴重な史料である。また書家にとっては古代の

     書体をみるための貴重な資料でもある。本品は15本の竹簡を額装したものである。

           大きさ: 約 32.0×0.5センチ、 額の大きさ: 約 44.2×36.5センチ


A−240 竹久夢二あての有島武郎の毛筆書簡 封筒つき 額入り 箱 15万円

    大正8年2月、本郷菊富士ホテルに滞在していた竹久夢二あてに出された有島武郎の額入り 毛筆

     書簡である。有島武郎は北海道帝国大学予科教授で、白樺派の代表的な作家の一人

     であり、このころから本格的な作家活動をはじめていた。多くの文化人が逗留した菊

     富士ホテルに夢二が来たのは恋人彦乃と別れた直後で、ここで最後の恋人となるモ

    デルのお葉と出会う頃である。

    なお、この手紙は『有島武郎全集第14巻』(筑摩書房)に収録されている。有島武郎

    から竹久夢二宛に出された手紙で、今までに確認されているものは2通だけである。

                           手紙の大きさ : 約100.4×17.5 センチ

                           額の大きさ   : 約141.5×28.9 センチ  


A−242 青唐津茶碗 合わせ箱     18万円

    大変珍しい青唐津茶碗です。有名な田中丸コレクション

     の青唐津茶碗「岸波」を思い出させるような釉調の茶碗

     です。魅惑的なブルーの釉薬と白の釉薬、そして土の茶

     色の三色のバランスと美しく、貫入がさらに景色を際立

     たしています。仕覆をつけ、良い箱に入れれば格が上が

     ること請け合いです。

       大きさ:口径 約11.5センチ、高さ 約7.5センチ


F-6 高取太鼓胴水指  箱    3万円

  かなり使い込んだ高取焼の太鼓胴水指です。形が面白く、

  スレなどがありますが、長年使いこんだ道具の勲章と思え

  ば、味として見ることができます。ニューなどを金継ぎで

  直していますが、水漏れはありません。蓋を作りにくい形

  状からして、残念ながら蓋がついていないので安価にての

  提供です。

          大きさ:幅 16.5*22cm 高さ 19.5cm 

   

次へ

ホームページにもどる